今回は探偵業を開業する際に有効な方法を解説していきたいと思います。

もちろんご依頼者様の依頼を達成する為の調査力は大切です。

調査力に自信があれば調査を請け負える案件の幅が広がりますし

リピーターやご紹介などで新規のお客様獲得に繋がります。

 

しかし、いくら調査力が高かったとしても探偵事務所の経営が上手くいくわけでありません。

探偵業というビジネスとして考えた時に最も重要なのは

【調査力】ではなく【集客力】なのです。

 

極端な話、集客能力さえあれば調査は他の探偵業者に下請け業務として流す事もできます。

余談ですが実際、探偵業者の中には集客とお客様対応だけして、肝心の調査の部分は

丸々別の業者に流しているところも多いです。

 

探偵業法では調査委任契約を結ぶ際、業務委託をする場合は

業者名を依頼者様に告知する義務があるとしているので

告知をしないまま業務委託している違法業者は実は多いのが現状です。

 

逆に言えば、調査を自社では全くできない業者であっても

集客さえ出来れば経営が成り立ってしまう程、重要な要素だという事です。

 

では、どうすれば集客力を向上させる事が出来るのでしょうか?

今の時代、集客はほぼネットで行う為、ウェブサイトの強化は大事です。

ウェブサイトの強化に関しては業者に依頼しつつ

自分でも勉強しながら地道に進めるという二刀流がお勧めです。

 

というのも、ウェブサイトの強化に必要なのは難しい技術や知識ではなく

毎日記事を更新したりサイト内情報を充実さえていくという積み重ねの作業だからです。

こればかりはお金をかけたからといって達成できるものではない為、

自分自身で空き時間に更新していく状態を作るのが一番良いのです。

 

もちろんお金を使う事で近道する事も出来ます。

それがグーグルアドワーズなどの【広告枠】です。

グーグルやヤフーなどで検索した時にページ上部に3枠程用意されている広告枠は

お金を使う事で自社サイトを載せる事ができます。

 

ただし、広告枠はいわゆる【ページ上部を取り合うオークション】のようなものです。

当然、同業他社の大手も利用する事ができるので

その大手と資金で殴り合いをしなければいけない為、

個人の資金力で張り合っても勝ち目がありません。

 

もちろん個人勢の戦い方というのもあるのですが、

やはりネット集客には地道な作業を続ける事が有効というのは揺るぎない事実です。

 

また、現在ではネット集客において【ウェブサイトの強化】だけでなく

【SNSの有効活用】という分野が注目されてきています。

ツイッターやYouTubeでの広告効果というのは確実にあるのですが

まだその点に注目している企業はそう多くはない為、

今の内からSNS分野を開拓していけば大手企業とも十分に勝つことができます。

 

必ずしも大手の同業他社に集客力で勝つ必要はないのですが

探偵業で集客する為には大手と張り合うだけでなく

まだ開拓され切っていない分野に積極的に切り込んでいくというのも

個人事業者の戦い方のひとつです。

 

著者:名古屋のベテラン探偵